現在の業種を変更するまでの覚悟はないけど…。

言わば就職活動をしているときに、知りたい情報は、その企業の雰囲気や関心度など、詳細な仕事内容についてではなく、応募する企業そのものをジャッジ
したいと考えての実情なのだ。
今すぐにも、新卒でない人間を雇用したいと予定している企業は、内定が決定してから相手の返事までの長さを、さほど長くなく制約を設けているのが通常
の場合です。
ある日藪から棒に有名会社から「ぜひ我が社に来てほしい」なんていう場合は、殆ど可能性はないでしょう。内定をどっさり出されている人は、それだけ多
く就職試験で不採用にもされているのです。
会社によりけりで、仕事の仕組みや自分が望んでいる仕事も異なると想像できますが、就職の面接の時にアピールする内容は、各会社により異なっているの
が当然至極です。
例えて言うなら事務とは無関係な運送業などの面接において、いくら簿記1級の資格を取っていることを伝えてもまるっきり評価の対象にならない。事務職
の試験のときだったら、高い能力がある人材として評価される。

「掛け値なしに本心を話せば、仕事を変えることを決意した要素は収入のためです。」こんなエピソードも聞いています。ある外資系コンピュータ関係の企
業のセールスマンの30代半ばの方の話です。
「私が現在までに積み上げてきた特異な能力や特性をばねにして、この仕事を欲している」という風に自分にからめて、ついに面接の場でも説得力を持って
意欲が伝わります。
職に就いたままエンジニア転職活動するような際は、周りの友人たちに助言を得ることも難題です。新規での就職活動に照合してみると、助言を求められる
相手は随分少ない人数になってしまいます。
正直なところ就職活動の最初の時期は、「就職活動がんばるぞ!」と力が入っていたにもかかわらず、毎回試験に落ちて、こうなってくるとすっかり採用の
担当者に会うことすら無理だと思ってしまっているのです。
基本的には就活で、こっちから応募したい働き口に電話連絡するということは基本的になく、それよりも相手の会社の担当者からの電話連絡を取る場面の方
が沢山あるのです。

報酬や処遇などが、どの位手厚くても、働いている状況そのものが悪化したならば、再び離職したくなりかねません。
現在の業種を変更するまでの覚悟はないけど、是非ともさらに収入を多くしたいのだという時は、まずは資格取得を考えるのも一つの作戦と考えられます。

何と言っても、わが国の秀でたテクノロジーのほとんどのものが、地方の中小零細企業の町工場で創造されていますし、手取りだけでなく福利厚生について
も十分であったり、羨ましい会社だってあります。
「就職超氷河期」と最初に命名された頃の若者世代では、マスコミが報道することや世間の動向に受け身でいるうちに「就職が可能なだけ助かる」なんて、
働く場所を決定してしまった。
それぞれの誘因があり、違う職場への転職を希望している人がどんどん増えてきている。ところが、転職すると決めたはいいけれど、希望通り転職してから
の人生設計が計画と異なる場合もあるのが実際には在り得ます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク